読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファッション・バッグのTerritory内の日記

✩ファッション・特にバッグを中心に小物・革製品にまつわるお話です✩

革のお手入れ 10分で出来る初級編☆

こんにちわ!K☆JIです(*^^*)

お昼までは心地よい天気でしたが
やや寒さが増しこりゃ、雨でも降りそうな気配が。。。

さて、本題の


革のお手入れシリーズ

今回は 10分で出来る初級編☆


このブログを始めるにあたりリクエストのあった革のお手入れ

先ほども知人からも『革のお手入れ』期待してます!と激励頂きますますハードルが高くる中、『あえていかない!』プランBの方にいく!ことは致しません (^o^;)

でわ準備のほどはよろしいですか!

サブタイトル

10分で出来る初級編☆

まさしくこれです。なんでも

初級編が大切と私の知人の名言。

まずは、ご用意して頂くもの

白のタオル

革クリーム

革クリームを塗るのに使うスポンジ
 またはタオル



f:id:koji10rm:20170211145052j:plain

こんなイメージです。

革クリームスポンジ
東急ハンズさんや、100円ショップにて調達出来ます。

お金のかかることですからどちらでもokです。

手順その①

白の乾いたタオルで革の表面鞄の表面すべてを拭く

※イメージは掃除の時、例えば窓拭きならガラス、窓のさんなどホコリがたまっているのに掃除液を塗れませんよね、そんな入り方です。

ここでは白のタオルと限定してますが、表面ってこんな汚れてるんだ
とわかりやすく確認する為です。
別に青でも、ピンクでもok

手順その②

そのタオルを水に濡らしギュッと絞って革の表面又は鞄の表面すべてを拭く

※これでまた手順その①の乾拭きから少し水分の含んだタオルで更に汚れを拭き取ることが出来ます。

もちろんびしょびしょのタオルでは革にも良くないし、カビの原因にもなりますし、折角の革クリームを塗る作業の妨げになってしまうからです。

手順その③

いよいよ革クリームを塗りましょう



f:id:koji10rm:20170211150935j:plain

まずは、スポンジまたはタオルにクリームを少しつけていきなり表面や見えるところからではなく、鞄で言うと底面やサイドの面の、下の方にて試し塗り

※ここで大切なことは、革製品と、革クリームの相性!

これがとても大切です。
まさに男女間  爆笑 と一緒(笑)
『観た目タイプ』などとっかかりから『話してみたらつまらない』『フィーリングが合わない』


。。。。。悲しいかな同様なことが革製品と、革クリーム間にて起こることがございます。

このようなことが起こりましたら

『修復せず直ぐに使用をやめてください』

二人の為です(苦笑)

真面目に、

シミになったり変色したり
にて本来の特性を失ってしまいます。

試し塗りが済んだら

※革の目立たない面から範囲を拡大して塗る。鞄で言うとサイド面、裏面から。

すると、心地よい塗り具合が見つかります

※かばん、バッグ言うと、サイド面→裏面→ハンドル→表面→底面の順がベスト。

それぞれの面を塗る時のポイント

サイド面

ここはあまり注意点はないです。


裏面

ここはあまり塗り過ぎない方が無難です。
通勤などでかばん、バッグを膝の上に置くと裏面が洋服につきます、その時に塗りすぎますと折角の洋服についてしまうことがあります。クリームなので相性が悪いとシミになったり変色を起こすこともあります。ご注意を。


ハンドル

手に持つのでベタベタしない程度に調整しながら取り組んでください。


表面

ある意味メインイベントです。
表面とありますが革ジャンなどの場合も
表面はです!
一番大切な部分ですので各面を塗って技術が上がってきた中、上手く塗れますと気分も爽快!革もイキイキしますね。


最後に底面

ここは毎日の日常で1番疲れている負荷のかかっている面です。労いをこめて
塗ってあげてください。塗る前に汚れをなど再度チェック!『いつもお疲れ様』なんて言ってあげると喜びますよ 笑


ざっと手順はこんな感じです。

作業をする日は、金曜日や土曜日など
休日前などが良いですね。

塗って翌日などは革によっては浸透してなくベタベタ感あり!

塗った革製品、かばん、バッグは不織布や、何か下に敷いて床やテーブルなどと直接触れないようにしてみたら更に良いかと思います。

結構長くなりましたが、手順にすると①から③です。

細かい注意点などが簡単に仕上げるコツです。

それでは 革のお手入れ☆

  10分で出来る初級編

 終わりにしたいと思います。

今後またシーズン2

中級編

も、予定しておりますのでよかったらまた、お付き合い頂ければ幸いです。

皆さんまたよろしくお願いいたします。


     K☆JI