読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファッション・バッグのTerritory内の日記

✩ファッション・特にバッグを中心に小物・革製品にまつわるお話です✩

革ってアバウト?気分屋? 許してあげて(*^^*)☆

いつもありがとうございます!

 K☆JIです(*^^*)

皆さん 今日は ゆっくり出来ましたか?


今日は タイトル 

革って アバウト? 気分屋? 許してあげて(*^^*)☆


リクエストの多い 革のお話 です。

まず、 結論から


はい、 革は生き物ですから


これが 答えです (笑)


今日は いつもりよ まったり いきますよ(*^^*)


まず最初に



証言①



f:id:koji10rm:20170212205537j:plain


サンプルと色がぶれる 

※画像は 革の サンプル帳 または スワッチ 呼ばれるものです。

ここにならんだカラーサンプルと全く同じ色ではあがってきません。
このあがってきません とは 革 をオーダーします。仕上がってくると 色がぶれて ます。

どうして?

はい、それぞれ同じ牛はいないし、肌艶違うし、固さも厚さ違うから、染めの浸透具合も個体差あり

また、シルバー や、 ゴールド など メタリック に染め上げたものなど 表面が剥がれて下地の革の色が出てきたりいたします。

また ホワイト、アイボリーなどの綺麗なカラーは汚れが目立ちます

そして 日焼けします 苦笑


証言②

厚み、重さがアバウト

※これも許容範囲ありますが、革の厚みによく 2.0. 1.8. 1.5. 1.2. ets.........

『こんなに微妙に調整されてません』  (苦笑)

そうです、動物のパーツごとに 『厚み』 や、 『固さ』 が違います。そこは 許容範囲内 にて提供されてます。


でわでわ、製品 なってからのお話も(*^^*)

続きナンバーで

証言③



f:id:koji10rm:20170212212059j:plain



f:id:koji10rm:20170212212110j:plain


※ 上段の画像より

同じ型から取った物で同じ人が作ってもサイズが違ってみえる

特にこのような スマフォケース など、小ぶりで折れ曲がる革小物は微妙に個体差がでます。それは前項で申し上げました 厚み が厳密に均等ではないからです。

※下段の画像

全く同じように革から同じサイズにて、
何だか少し

『雰囲気が違ってみえる』

ちょっとしたことです。

使用している金具の色が違う

からです(*^^*)

アンティーク と ゴールド です。

これもこのみなどありましてこのように製作されたものです。他にも考えるなら シルバー などにしてみることも出来ますね♪


ここで まとめ

※ここまでお話しましたことがすべて

『味』 となり

革製品が楽しめる要素 です。

 
人工的に作られた素材 は

色ブレしないし(これも微妙にブレたりもある)安定供給にて安定感、安心感を与えることが出来ます。

しかし、芸術品  呼吸をしている革 と考え 経年にて、その時期の風合いを楽しむことが出来ます。

手入れをし、革を楽しむ

少し気をつかって、時には 休ませたり 荷物を軽くしたり これも長く 革製品 と お付き合い する コツ なのかなと 思います。


それではまた、近日中に更新いたします。

今回も、こんな語りを読んで頂きありがとうございます。

  またよろしくお願いいたします。


    K☆JI