読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファッション・バッグのTerritory内の日記

✩ファッション・特にバッグを中心に小物・革製品にまつわるお話です✩

革のお手入れ バッグもこれでリフレッシュ! 中級編☆

本日もお疲れ様です!
K☆JIです(*^^*)

前回リクエストの多かった革のお手入れの第2弾!
バッグもこれでリフレッシュ☆中級編です。
これが結構効果あります!基本やることは簡単作業ですので少しお付き合いお願いいたします(*^^*)

まず最初に!

日光浴

単純に、バッグをリフレッシュするにあたり、日光浴です。

この意味合い皆さま衣類、洋服などにてご存知の消臭、カビ防止です。
人によっては月曜日から金曜日毎日同じバッグにてお仕事かと思います。
いろいろ入れてしまいがちですよね。
そして、どうしても食べ物を溢したり、場合によっては折り畳み式傘などにて匂いや、濡れたものが収納されます。バッグは全てを受けとめます(苦笑)

バッグから裏地(内装)を取りだします。
逆さにしてバタバタ1度叩いてください。
その後さらに、上記画像のようにこびりついている糸屑や、小さなゴミなどをカットしたガムテープにてクリーニングしてください。ジーンズのポケットを引っ張り出してからのゴミとりの要領ですかね(*^^*)

さらにステップ②

f:id:koji10rm:20170221021905j:plain



f:id:koji10rm:20170221021922j:plain



早くも今回のメイン、日光浴です。日光のあたる面に取り出した裏地(内装)をバッグに直撃しないように被せながら日に当てる。そして画像のように両面、さらにインサイドポケットがありましたらそれも引っ張りだし上記の手順にて対応してください。

ポイントとしましては、革のお手入れ、というタイトル通りなるべく革に日光を直撃させない!ことを意識して行ってください。日光浴の時間ですが裏地(内装)が綿やコットンでしたらそこそこポカポカしたら終了です。匂いを嗅いでいただくと、かなりスッキリ!すると思います。

そこで、こんこともあります!

注意点

まず、ひとつ目
当日天気予報をチェック(笑)
ここで雨に濡れてしまったら逆にダメージ大!皆さまをがっかりさせてしまう結果に、なります。

ふたつ目
これ実際にあったことでなかなか笑えないお話しなんですが、近所で焼き肉をやっていたら危険(苦笑)
ホント、私がこの作業を実施していた時に、『あれあれ匂うな~』と共にベランダへダッシュ!『焼き肉臭』が!
急いで撤収、即ファブリーズにて事なきを得ましたが(;>_<;)

天候、気候(実験場にも注意)、ランチ時が要警戒。

そしてベランダや、通路などにバッグ(革製品)を直に置きますと汚れなどもついてしまいますので必ず何か下にひいてください。


そして余談ですが、これは革靴などにも当てはまる部分があります。上手く靴ローテーションしながら長持ち心がけることと同時に靴中も少しお手入れしてみてください。靴の爪先くらいまでガムテープや、綿棒などで突っつきますと結構ジーンズのポケットゴミ的なモノがクリーニングできます。これも、生活をリフレッシュする小さなことですが気持ちよく過ごすテクニックかなと思います。

まとめ

よく言われます『風通しをよくする』ことなのかなと(*^^*)

押し入れにしまいっぱなしのバッグや衣類など、自宅の窓やらベランダにしても『風通し』することでリフレッシュされますよね。これも、開けっ放しでもダメですし、閉めっぱなしでも、尚更。全てにおいて心地よいチューニングする耳を持つことが大切なのではないかなと思います。

皆さまのお陰でなんとか10回をアップすることが出来ました。
まだまだスタートに立ったばかりですが、今後ともよろしくお願いいたします。
少しでも楽しんで頂けるよう日々勉強いたします。

それでわまた、近日中に♪

   K☆JI